top of page
  • 山田勝彦

被爆地による差別は許されない!

被曝体験者協議会・全国被曝二世団体連絡協議会と私含め被爆者問題議員懇談会のメンバーである西岡秀子衆議院議員、水岡俊一参議院議員、森本真治参議院議員と意見交換を行いました。


長崎への原爆投下で、国が定めた被曝地域外での「被曝体験者」の救済について、政府はいまだに調査をするのみで何も進んでいません。


また、広島の「黒い雨訴訟」では原爆の放射能による健康被害を否定できないとの判決がくだり、政府は納得いっていないと言ったにも関わらず、上告をしませんでした。


そして、今なおその判決に従わず長崎を救済しようとしません。

この国の三権分立は機能しているか?

憲法違反じゃないか?


ガンで旦那さんを亡くされた女性が「主人の母親が空爆してなかったら、まだ生きていたかもしれない」と言っていました。


このような当事者の悲痛な声に耳を傾けようとしない政府に、馬鹿にするな!と一県民として本当に腹ただしく思います。


広島選出の岸田首相ならと期待し、国会で質問しましたが、官僚答弁を繰り返すばかりで、まったく当事者と向き合おうとする姿勢がありませんでした。


彼が首相である限り、この問題は解決しません。

だから、政権交代しかないんです。

全力を尽くします。

一緒に今の政治を変えましょう。








閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page