top of page
  • 山田勝彦

若い人たちが夢や希望を持てる社会へ

1月8日、大村市二十歳の集いと消防団出初式祝賀会に参加しました。


二十歳を迎えられた皆さん、おめでとうございます! お一人お一人が人生の主役。自分なりの夢や目標が見つかれば、実現するまで挑戦し続け、なりたい自分になってください。若い皆さんが、希望を持って社会で活躍できるよう応援しています。


地域の防災と住民の命や暮らしを守る消防団員の皆さんに対し、心より敬意と感謝を申し上げます。 地域に必要とされながらも深刻な担い手不足の現状を現場の皆さんから伺いました。本質的課題は、過疎化が進む地域に若者が居なくなってしまったことです。

地方の人口減少をいかに止めるのか? 地方に雇用をどのように創るのか?

「地方と都市部との賃金格差の是正」「農林漁業者への所得補償で後継者が育つ農林水産業」「保育士や介護・障がい福祉職員の賃金UP」等の具体的な政策を早急に進めないといけません。


若い人たちが地方に残れる、希望をすればいつでも故郷に帰って来られる。そんな未来をつくりたい。 その想いをより強く抱いた一日でした。






閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page