• 山田勝彦

平戸のお殿様が愛した「三川内焼き」

佐世保市三川内地区で活動しました。 コーヒーブレイクに立ち寄ったカフェ「NOTOKO CAFE & SPACE」がとても良かったです。

https://notoko-cafe-space.business.site/#posts


三川内焼が並ぶ棚から好みの窯元のお皿や器を選び、料理やコーヒーが楽しめます! カフェろくろ体験も出来るそうです。


最も楽しかったのが、マスターとの会話です。

美味しいコーヒーを飲みながら、様々なユニークな器を紹介してもらいました。さらに、三川内焼きのルーツについても学べました。


豊臣秀吉時代に遡り、当時の朝鮮から平戸藩藩主が多くの陶芸家を連れ帰りました。後に平戸の地から三川内に窯元が移され、平戸藩の御用窯元としてお殿様に献上され続けました。

夜はバーとして、お酒も楽しめます。

三川内焼きの高級なグラスで平戸の地酒をいただく! 時空を超えて、お殿様気分を味わえる贅沢な時間をいかがでしょうか?

しかしながら、後継者が不足し伝統芸能の継承が課題であることを地域活動で学びました。

20年以上続くデフレ経済からの脱却! 個人所得を高め、地域にお金が回る経済政策を。


地域の歴史や伝統をつなぐ地場産業を大切にする政治への想いをより一層強くすることができました。




立憲民主党長崎県第3区総支部長

次期衆議院選挙立候補予定者

山田勝彦

3回の閲覧