top of page
  • 山田勝彦

SDGSの島へ!壱岐でオーガニック給食をテーマに座談会

壱岐でも市民の皆さんが動き出しました。

昨年から新しい法律ができ、地域の持続可能性を高めるオーガニックのまちづくりに対し、国の予算がつくようになりました。

オーガニック給食によって、「健康」や「環境」のブランドイメージが高まり、子育て世代の移住も期待できます。


座談会後、壱岐市の農政担当の部長や課長にも「全国的なオーガニック給食の波に乗り遅れて欲しくない」とお伝えしました。

市民も生産者も行政もみんなの力で、壱岐の未来が変わることを信じています。


壱岐での 2日間の活動で、物価高に苦しむ農業、漁業の現場の声をたくさん聞いて回りました。

牛飼いの皆さんの経営は大変厳しく、廃業を考えている人が増えています。

それは農業だけでなく漁業も同様で、船の燃料代が倍に上がり、魚価は低迷し続けています。


現場の危機感に対し、国の対策は遅くて不十分です。

日本の食を守るため、現場の声を国政へ届け、必要な予算と対策を求め続けます。







閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page