top of page
  • 山田勝彦

長崎を代表する財界人、今里廣記先生の胸像が大村高校へ

故・今里廣記先生は、戦後の高度経済成長に多大なる貢献をされた日本を代表する実業家で、長崎県出身の偉人です。ご実家は、波佐見町で銘酒「六十餘洲」を造る今里酒造です。


この度、今里先生の胸像が諏訪神社から母校である長崎県立大村高校へ移設建立されることになり、その除幕式に参加しました。娘さんの康子さんから感謝の言葉が述べられました。


大村高校に集いて学ぶ後輩達に夢や希望を与え続け、次の世代へとその影響が広がることを願っています。私も大村高校の卒業生の一人として、偉大なる先輩のご功績を胸に刻み、故郷のため日本のために励んで参ります。


今里先生の素晴らしい業績と貢献が永遠に讃えられることを祈っています。






閲覧数:41回

Kommentare


bottom of page