top of page
  • 山田勝彦

畜産の厳しい情勢を伺いました。

昨日から壱岐で活動し、子牛セリ市で畜産の厳しい情勢を伺いました。


「子牛の値段が安過ぎて、飼料代も出ない」 「仲間がどんどん廃業していく」 「ウクライナ情勢はいつまで続くのか?出口が見えないトンネルの中にいるようだ」


先日は諫早で緊急集会が開かれ、畜産農家の皆さんと意見交換し、生産現場の切実なご要望を受けました。 今月中に国会事務所で農水省の担当者と協議し、必要な対策を訴えます。


答えは現場にある!徹底した現場主義を貫きます。









閲覧数:5回

Comments


bottom of page