top of page
  • 山田勝彦

小値賀島での国政報告&対話集会

昨日は悪天候の中、船を乗り継ぎながら何とか会場入りできました。

「離島航路は海の国道!低料金化は島民以外も対象にすべきではないでしょうか?」

と訴えると大きな拍手を頂戴しました。


答えは現場にある!対話が大事だと改めて実感しました。

●国境の島の島民限定ですでにJR運賃並みの料金設定になっていますが、燃料費の高騰により料金が上がり続け、島民カードを使ってもJR運賃並みの料金設定になっていないことを知りました。


●島の基幹産業は漁業です。小規模な漁師さん達が油代が高すぎて漁に出れない。小値賀町では町の独自予算で補助金を出しているそうです。本来は国がやるべき政策です。


●島は本土以上のスピードで少子高齢化が進み、看護師、介護士、栄養士など深刻な人手不足。このままでは、医療や福祉サービスが提供できない。と言った悲痛な声を頂戴し、離島振興法による対策の強化が急がれます。


山田ともこ県議とのW(ダブル)報告会は、3月29日19時から広田地区公民館でも行います。

ぜひ、ご参加ください。










閲覧数:6回

Comments


bottom of page