• 山田勝彦

初めての嵯峨島へ

五島列島福江島の二次離島、嵯峨島(さがのしま)に行くことができました。島を歩いて回りながら、島民の皆さんと触れ合い、お話しを聞かせてもらいました。


「子ども達の笑い声が聞こえなくなった」

ヒラメ漁で栄えたこの島は数十年前まで500人を超えていた人口が今や60人ぐらいだそうです。


嵯峨島だけでない! かつて活気に溢れていた漁業の島から人がどんどん離れています。宝の海から魚がいなくなった。海の環境がおかしい!


人と自然が共生しながら営み続けられた農林水産業。

島にこそ日本人の本来の豊かさがあるのではないか?

しかし、漁業や農業で生活していけず、豊かな島の暮らしが崩壊しようとしている小さな島があります。


環境問題は中長期的課題でない! 今すぐ取り組まないといけない!

より強くそう思った島旅でした。




立憲民主党長崎県第3区総支部長

次期衆議院選挙立候補予定者

山田勝彦

23回の閲覧