top of page
  • 山田勝彦

みんなでお肉を食べて生産者を応援する日

11/5大村の牧場まつりに今年も参加しました。 今回の物価高で、飼料代が急激に高騰し生産コストが上がっているのに、販売価格が上がらない。

畜産農家の皆さんは、大変厳しい経営環境が続いています。


農林水産委員会に所属している衆議院議員として、生産者の皆さんからお話しを伺い、これから始まる国会質疑で現場の声を届け、農林水産省へ必要な支援策を訴えていきます。


そして、もう一方で、販売価格が上がるためには、消費拡大が大切です。


畜産の危機は、私たちの食卓の危機でもあります。


今夜は山田家も生産者の方が丹精込めて作ったお肉を家族で食べる日にしたい!っと思っていたのですが、、開始前から長蛇の列ができていて、開始1時間くらいで牛肉も豚肉もあっという間に完売でした。


生産者と消費者が直接つながる交流の場をつくり、お肉や卵などの畜産物の地産地消を進める大村の牧場まつり、今年もみんなの笑顔があふれる1日となりました。







閲覧数:9回0件のコメント

Commentaires


bottom of page