top of page
  • 山田勝彦

「裁判外紛争解決手続き(ADR)法改正案」について質疑しました。

本日は法務委員会で「裁判外紛争解決手続き(ADR)法改正案」について質疑しました。

ADRとは、弁護士などの専門家が第三者となり、当事者双方の間に入り、紛争を解決する手続きです。

日本はADRが海外に比べて遅れています。

ADR法が改正されると特定和解に執行力が与えられるようになり、実効性が高まります。さらに、裁判より安くて早いので利便性も向上します。特に養育費などの法的トラブルの解決に期待されます。ADRの普及を願い、改正案に賛成です。







閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page